トップ / カテーテル手術について

カテーテル手術について

カテーテル手術って

市民

カテーテルと病気について

開腹手術は、患者の体力を必要とし手術後の回復にも時間がかかるため、現在では、カテーテル手術が行われることが増えています。特に心臓に狭心症や心筋梗塞の疾患が疑われる場合に多いです。腕や首、太ももの付け根から管を挿入し、造影剤を注入し、必要な薬剤などを投入します。血栓ができている場合は、バルーンで除去します。手術後は通常一日で退院でき体力の消耗なども少ないですが、血栓がはがれて脳梗塞を引き起こすなどのリスクもあることを念頭に入れてカテーテル手術に同意することが必要です。

購入をお勧めする医療機器

頸髄損傷や神経難病、慢性閉塞性肺疾患など肺機能の低下により、呼吸苦の症状がある方に購入をお勧めする医療機器をご紹介します。それは、パルスオキシメーターです。この医療機器は血中の酸素飽和度を簡易に測定することができ、どれぐらいの呼吸苦感があるのか、数字で示してくれます。携帯用としてもあるので、どこでも持ち運びができるので、外出などの際には非常に便利で安心です。是非、心配な症状がある方は、購入してみて下さい。

↑PAGE TOP

© Copyright 健康のキホンを知ること. All rights reserved.