トップ / 歯肉炎にならない予防法

歯肉炎にならない予防法

歯肉炎になる原因

市民

歯肉炎はプラークコントロール

歯肉炎は歯茎の病気です。放っておくと歯周病に発展し、歯が抜ける原因となってしまいます。歯茎が腫れたり、歯磨きの際に血が出るなどのサインがあれば治療しましょう。歯磨きで注意することは、プラークを溜めないようにすることです。先の細い歯ブラシを使って、歯と歯茎の間の汚れも取るように磨きます。歯肉炎ではプラーク除去が重要ですので、定期的に歯科検診をしてクリーニングをしてもらい歯の健康を保つようにしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 健康のキホンを知ること. All rights reserved.