トップ / PMSは女性特有の症状

PMSは女性特有の症状

PMSの症状って

市民

PMSの症状とその原因

PMSとは、月経前症候群とも呼ばれる女性特有の症状です。個人差はありますが、月経の1から2週間前から起こり、月経の開始とともに治まるというのが特徴です。主な症状は、頭痛や腹痛、胸の張りといった身体的なものと、イライラ、情緒不安定、理由もなく涙もろくなるといった精神的なものとがあります。PMSのはっきりとした原因はまだわかっていませんが、女性ホルモンのバランスの乱れが大きく関係していると言われています。

生理痛を和らげる方法

生理痛がひどい時は、本当に辛いものですよね。鎮痛剤にばかり頼るのに抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか。そんな痛みを和らげるには、腰の辺りやお腹を温めると良いでしょう。カイロなどを当てて温めると、痛みが和らぎます。カイロによる低温火傷などを起こさないように注意してください。また、皮膚に異常が生じたり、気分が悪くなった場合には中止しましょう。生理は毎月来るものなので、生理痛など、出来るだけ不快感を和らげることができるようにしたいですね。

↑PAGE TOP

© Copyright 健康のキホンを知ること. All rights reserved.